『Blueberry HILLS あつぎ』農園ブログ

【協賛決定!】巨人が動きました!

2022.05.05 UP

こんにちは。
日本初「食べて書いて楽しめる」ブルーベリー農園
『Blueberry HILLS あつぎ』園主の渡辺です。

あなたにとって「巨人」と言ったら、誰を思い浮かべますか?

読売ジャイアンツ? 進撃の巨人? オール阪神・巨人?
GEのジャック・ウェルチを思い浮かべる方もいるかもしれません。

本日お伝えしたいのは「ブルーベリー業界の巨人」

その巨人が、私が力を入れている「ブルーベリーハッピーサイクル」プロジェクトに協賛いただけることが決まりました!というお話です。

ブルーベリーの巨人とは誰なんでしょうか?

全国には何百ものブルーベリー農園があります。その中でもひときわ光を放っているブルーベリー農園が愛知県にあります。その名も「ブルーベリーファームおかざき」。なんとひと夏に1万人ものお客様が来園するという、ブルーベリー業界屈指の巨人農園になります。

農園オーナーの畔柳茂樹(くろやなぎしげき)さんは、お客様にブルーベリーを提供するだけでなく、後進の育成にも積極的に取り組まれている方です。「成幸するブルーベリー農園講座」をオンライン開催することで、毎年多くのブルーベリー起業家が巣立って、全国にブルーベリーの輪がぞくぞくと広がっています。

ブルーベリー業界の巨人・畔柳茂樹さん

私もこの方と出会ったことで、ブルーベリー起業家への一歩を踏み出す大きなきっかけを与えていただいた方です。

そんなブルーベリー業界の巨人が、当園が提唱しているSDG’sプロジェクトに協賛してくれることになったんです!

ブルーベリーを通して世界に出来る事

『Blueberry HILLS あつぎ』では、ブルーベリー狩りをして感じたことを記録するためのノート、「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」を使ってお客様にブルーベリーの奥深~い魅力をお伝えしています。

詳しくは……【「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」について

食べて!書いて!楽しめる!

実はこのノート、お客様に農園での体験を楽しんでいただくだけのものではないんです。

当園では「ブルーベリーハッピーサイクル」というSDG’sプロジェクトを行っていまして、「ノートを使ってブルーベリー狩りを楽しむだけで、世の中がちょっと良くなる」仕組みを提唱しています。

それは、当園オリジナル体験ノート「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」をご購入いただくと、1冊ごとに100円がアジア・アフリカの貧しい人たちへの寄付に充てられるというものです。

詳しくは……【「ブルーベリーハッピーサイクル」について

このプロジェクトを日本全国のブルーベリー農園にも広げていくことで、「お客様」「ブルーベリー農園」そして「世の中」みんながハッピーになって、ブルーベリー好きな人がたくさん増えて、ブルーベリー業界全体に関わる人を多くすることができると思っています。

実は、昨年まで「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」は当園だけのオリジナル体験ノートだったんです。

でも「ブルーベリーハッピーサイクル」を大きくしていくために、

「他の農園にもこのノートを広げていこう!」

と決意しました。

そんな思いに至った矢先に、なんと業界の巨人「ブルーベリーファームおかざき」の畔柳さんから協賛への快諾をいただくことができたんです!

このタイミングでこのご縁!感謝してもしきれません。

いざ!突撃インタビュー!

畔柳さんが協賛していただけることを、とてもうれしいと思う半面、

「でも、どうして協賛してくれたんだろう…?」

といった疑問も浮かびました。

どうしてかというと、このプロジェクトに協賛しノートを導入してくださる農園にとってのメリットは、

・このノートを紹介することで、お客様が農園を訪れるきっかけになる
・お客様の農園での体験価値を上げ、思い出として記憶に残していただく
・ブルーベリーの魅力を理解する人を増やし、その良さを広めてもらえる

このように多くのお客様に来園して満足してほしいという期待を込めて、協賛いただけると思っていたからです。

なので、既にたくさんのお客様が来園されている「ブルーベリーファームおかざき」にとっては、むしろノートを利用することで今よりもさらに運営の手間がかかるので、スタッフの方からも嫌がられるのではないか…と思っていたんです。

そこで、率直に聞いてみたんです。

「どうして協賛していただけたんですか?」

畔柳さんの答えは私の予想を超えていました。

「渡辺さんの熱意に共感したから」

こんなにうれしい答えがあるでしょうか。

元々とてもお世話になっていたということもあり、「ブルーベリーハッピーサイクル」について知っていただきたくて、私はかなり長文の熱いメールを送ってしまいました!その熱意が畔柳さんに伝わったのです。

ブルーベリーの魅力がまだまだ一般的には知られていない中で、個々の農園が自分の農園のことばかりを考えるのではなく、ブルーベリー農園みんなで「ブルーベリー狩り」という言葉が当たり前になるような活動を行っていきたい!という私の気持ちをお伝えしました。

畔柳さんも、集客に悩む農園主にむけて「集客講座」をシリーズで開催されている方なので、

「ブルーベリー業界全体の底上げにつながるような活動がもっと必要だ」

という想いにつながったことも、協賛の決め手となったそうです。

また、ノートの実物を手に取ってみて、

「来園されたお客様の満足度が高まる」

「ブルーベリーのファンを増やすきっかけになる」

と、ピンときたそうです。

また、以前から小学生向けの自由研究イベントをやりたいと考えられていたそうで、

「このノートならイベントに活用できる!」

と思っていただけました。

どんな自由研究イベントが開催されるのか、私もとても楽しみです♪

広げようブルーベリー農園の輪

ブルーベリーをイチゴのようなメジャーなフルーツにするためにはどうしたらいいか。

その実現のために、ブルーベリーの魅力をお客様に伝えられて、農園での体験価値を高めることができ、お客様が増えていく流れにつながっていく仕組みを1冊のノートで実現することに価値があるのではないかと思いました。

今回協賛をいただけたことをきっかけに、私はブルーベリー巨人の肩に乗った気持ちで、さらにブルーベリーの輪を大きく広げていきたいと思っています。

みんなで取り組むことで、ブルーベリーの良さをもっと広く伝える事ができます!

そして「ブルーベリーハッピーサイクル」の考えを提唱して、協賛してくれるブルーベリー農園同志がつながっていけば、さらに大きな循環につながっていくと思います。

 

あなたの農園でも「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」を使ってみませんか?

まずはお気軽にサンプルを取り寄せてみてください。

ブルーベリー農園オーナーのあなたへ
「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」をあなたの農園でもつかってみませんか?
ご案内ページ

想いに賛同いただける農園主の方々からのご連絡を心待ちにしております。