『Blueberry HILLS あつぎ』農園ブログ

絵本の中から女の子がやって来た…!?

2022.05.01 UP

こんにちは。
日本初「食べて書いて楽しめる」ブルーベリー農園
『Blueberry HILLS あつぎ』園主の渡辺です。

あなたは「絵本」と聞いて思い浮かべるものはなんですか?

今回お伝えするのは、昨年の夏に出会った「絵本」にまつわる特別なゲストとのエピソード。

絵本の中からやって来た女の子をご紹介します!

こんな楽しみ方があったなんて!

「ブルーベリーの奥深〜い魅力をどうやって皆さまにお伝えしようか」

私は日々研究しています。

ブルーベリーが「おいしい!」「からだに良い!」のはもちろんのこと、ブルーベリー農園での体験がもっと「楽しい!」と思っていただけるように、いつも思いを巡らせています。

そんな私もビックリ!

「こんなブルーベリーの楽しみ方があったんだ」

と驚かされたお客様がいらっしゃいました。

そのお客様こそ「絵本の中からやって来た女の子」です。

まるで絵本の世界から出てきたような女の子が、ブルーベリーの新しい魅力を教えてくれるなんて、本当に物語のような出来事でした。

主人公のようなワクワクした気持ちで

『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』という絵本をご存じですか?

出典:エルサ・ベスコフ 作・絵(福音館書店)

北欧の人気絵本作家 エルサ・ベスコフさんの作品です。

お母さんの誕生日のために、森にブルーベリーを摘みにいく主人公プッテ。探しまわっても見つからなくて困ってしまうプッテを助けてくれたのは……

そんなドキドキわくわくのストーリーが、すてきな絵とともに語られています。見ているだけでも楽しくておしゃれな気持ちになる絵本です。

ドキドキわくわくの楽しい絵本

私もこの絵本を読んでみたのですが、

「ブルーベリーを摘むことが、こんなにもワクワクした冒険になるんだ!」

と目からウロコの物語でした。

この絵本を教えてくれた女の子は、『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』が大のお気に入り!

主人公プッテと同じようにブルーベリーを摘んで味わいたくて、当園に来てくれたそうなんです。

プッテと同じ格好のワンピースを着て、おそろいの帽子をかぶって、ブルーベリー森の世界にやって来て、ルンルンのご様子でした。

ご家族から「実は~」と絵本のお話を聞いて、そんなにもワクワクした気持ちでブルーベリー狩りをしてくれていたんだと、私もとてもうれしくなりました♪

「ブルーベリー農園を開園して本当によかった〜」

そう思った瞬間でした!

つい園主がホロリとしてしまったご感想の動画がこちらになります。
女の子のワクワクした気持ちが伝わってくる1分間動画になります!

ブルーベリー園はディズニーランドなんだ!

「ブルーベリーの絵本を読んで、それを体験しに農園へ……」

女の子が教えてくれたブルーベリー農園の楽しみ方に、私は感動いたしました!

そして私は確信しました。

「ブルーベリー園だって、ディズニーランドみたいに、子どもたちに夢を与えることができるんだ!」

「絵本から出てきたような女の子」との出会いは、ブルーベリー農園の可能性を広げる新たなステージの幕開けでもあります。

これからも来園されるお子様たちに夢を与えていけるようなブルーベリー園になっていければと思います。

 

今年の開園は6月〜8月!

ぜひあなたも「絵本」を読んで、農園に遊びに来ませんか^^

\ご予約受付をスタートしました♪/

皆さまと農園でお会いできるのを楽しみにしております。

体験者の声をもっとみる